ホーム > ともいき会について

ご挨拶

社会福祉法人「ともいき会」は平成9年に設立しました。
それから今まで、地域の方々に支えられ、活動の輪も広がっています。

思い起こせば幼少時代、聴覚障害を持つ従兄弟と一緒に遊ぶ中で、「自分にできることはないか」と真剣に思ったことが、私の福祉の原点になっています。

漠然と抱いていた夢を具現化しようと思ったのは、大学時代のこと。サークル活動で全国の福祉施設を巡り、人形劇などを披露しているうちに、「誰もが認め合える福祉施設をつくりたい」と考えるようになりました。

「ともに生きる」という願いを込めた「ともいき会」という法人名は、 施設を立ち上げた時、必ず付けようと学生時代から決めていました。

市職員を経て、ようやく夢が叶えられたのは30代の終わりでした。心もサポートしながら、共に生きていきましょう。障害のある人もない人も共に歩み、新しい福祉の形を考えましょう。
そんな思いを込めた「ともいき会」がようやく出帆したのです。

以来、ハートポートセンター「ともいき」が大切にしているのは、入所者の「自己選択」「自己決定」です。自分がやりたいことを自分で選び、自分で決める。
当たり前のようですが、福祉施設ではとかく難しいことでもあります。
でも、人としてとても大切なことだから、入所者の気持ちや行動を尊重できるよう、スタッフ全員が心がけています。例えば、日中活動では創作やレクリエーション、生産活動など様々なメニューを用意し、入所者に選択してもらいます。
また、入所者の外出が多いのも「ともいき」の特徴。
ショッピングをして、食事をして、ドライブを楽しんで…そんな風にみんなの満足度を追求することは、私たちの重要な使命です。

一方で、「ともいき」が進むべき未来を、とても大切にしています。
「自宅にいるように最期を迎えてほしいから、ホスピスがやりたい」
「みんなが働けるパン屋さんを開業したい」
「保育園がやりたい」「グループホームがやりたい」…
5年後、10年後にはどんな「ともいき」でありたいか、スタッフが一人一人、夢を語りました。
それが、スタッフみんなで考えた「ともいき長期計画」。
計画に沿ってスタッフの声を一つ、ひとつカタチにしていったら、保育園が完成しました。グループホームもできました。「ともいき」は、みんなの夢やビジョンであふれているのです。

今、「ともいき」には様々な人が集います。
保育園では、子どもたちの歓声が響き渡り、施設内のホールは地域の人々のサークル活動に使われています。お祭りともなれば、入所者だけでなく、子どもも地域の人も集まります。

「ともいき」を利用する人が笑顔になった時、スタッフたちも笑顔になれる。
それが、福祉という仕事の先にある、人としての喜びだと思うのです。

みんなが共に生き、共に笑い、共に夢を共有する。
それが「ともいき」のカタチ
これからも、みんなのハートが繋がり合う未来を目指します。

ページトップへ